週の反省:ユーロ売り絡みで利益!

5月も第2週が終わり、ゴールデンウイークも終わりとなってしまいました。
次に長く休めるのはいつだろうという気持ちもありますが、
それ以上に頑張りたいという気持ちも高いものです。

そして先日FX業界戦国時代について書きましたが、新たにネット銀行が・・・

ネット銀、FX参入相次ぐ=利用者拡大で全4行導入へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080510-00000062-jij-bus_all

インターネット専業銀行の間で、外国為替証拠金取引(FX)に参入する動きが広がっている。既に参入済みの2行に加え、ソニー銀行も近くサービスを始める予定。今夏までにはネット専業全4行が導入する見通しで、顧客獲得競争が一段と激しくなりそうだ。



更にFXがメジャーとなることでしょう。

さて恒例であります週の反省です。
ブロガー、そして投資家に必要なのはPDCAサイクルにあると思われます。
すなわち
Plan
Do
Check
Action
の4つ。
その次なるPlanにつながるための復習として週の反省を行っています。
その中でも自分は記録することがもっとも大事だと考えております。
投資家としての経験が詰まったノート

多くのブロガーさんがいますが、予想をしたきりの方も多いのが残念。
そして更にひどいのは予想が当たったときだけ「自分の予想が当たりました」
と述べ、そうではない時にはそれに触れることなく・・・

自分はしっかりと復習して来週につなげたいと思います。

予想したら終わり?

今週1週間の記事を振り返り、記事のオススメ具合をで表しています。
ミシェランの影響かもしれません。


ブログ村為替ランキングへ参加中!応援よろしくお願いします→にほんブログ村 為替ブログへ



  • やはり皆が同じ向き(円安)を向いたときは逆に動く(円高)ものなのか (05/09)
  •  
    皆が同じ方向を見る相場というのは危険。
    相場は常にトリッキーな動きをするものです。

  • ユーロ円、節目の161円より下を目指す展開 (05/08)
  •  
    クロス円が全面的に下落。
    ユーロ円はその流れの先導を切るかのごとく、節目の161円以下を目指す展開。

  • FX通ならばもちろんご存じかと (05/07)
  •  
    FXをよく知る人ならばおそらく知っているであろうある破綻のお話。
    どうやら戦国時代まっただ中にいるのは間違いなさそうです。

  • ユーロ売り利益確定とクロス円避け中 (05/06)
  •  
    1ヶ月近く保持していたユーロ売りポジションを決済しました。
    クロス円は相変わらずの避ける戦略です。

  • 今週の戦略:丁半バクチのクロス円は避け、他通貨ペアを狙いたい (05/05)
  •  
    クロス円買い予想が多い中で丁半バクチとなりやすいクロス円は避け、
    他通貨ペアで勝負をする今週1週間です。

  • ECBもいいけどBOEに注目したい今週のファンダ (05/04)
  •  
    今週のファンダメンタルは米国以外に注目。
    中でもBOEに注目です。

    今週は長く所持していたユーロの売り。
    そしてユーロ円の短期売買で利益をしっかりと出すことができました。
    クロス円の下落時には大きく下落するもので、ヒットアンドランのように、
    利益を出したらすぐに逃げるのが得策と言えます。
    これぞデイトレ・スウィング派の手法と言えましょう。

    にほんブログ村 FX デイトレ・スウィング派 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ



    105円割れで押し目買いと見るのはランキング5位のスワップ派

    ドルスイのチャートが示すのはドル反騰の終焉?ランキング15位

    その他にも役立つ情報がたくさん!

    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    とあるエンジニアK

    Author:とあるエンジニアK
    1982年生まれの機械系エンジニア

     まだ若いからお金がない?いいえ、お金がないときこそ投資です。投資の勉強は実際に身銭を投入しないとわからないもの。FXならば少ない資金で投資を始めることができます。資金が少ない人はスウィングで高回転投資!例え失敗しても、若いのだからまだまた頑張ればやり直し可能!進め!若者よ!!投機を抱け!!!

    FXを知らない人→FXって何??

     デイトレ~スウィングトレードで。スワップは無視。ファンダメンタルよりもテクニカルを重視して取引しています。月々100万円は無理ですが、月々10万円を目指してトレード中。FXはあくまでも副収入としての位置づけです。仕事を通じて自己を成長させ、楽々トレードで豊かな生活!
     コメント、トラックバック歓迎。引用もご自由にどうぞ。相互リング受付中ですが、内容によっては相互リンクをお受けできない場合もあります。

    詳しい自己紹介

    big_09_2009.jpg
    BIG tomorrow '09 9月号
    ニッチな時間で取引…
    に掲載されております。
    がっちり2

    ポン円の達人として登場!(6ページ)FXの基本がわかる本です!

    月アス
    月刊アスキー1月号FX特集
    今後3ヶ月の予想を超がつくプロトレーダーと肩をならべて述べています。
    記事紹介

    big200802.jpg
    どうすれば勝てるか?朝が大事であることを記事内で書きました。

    七人の兵ブロガーによる週間相場予想
    兵(つわもの)ブロガー連載中です


    CALTLHVO.gif
    FX対談が掲載されております!

    旧名:学生よ、投機を抱け!

    学生さんには投資をすることをお勧めします
    ・学生時代は膨大な時間がある
    ・柔軟な頭を持っている
    ・投資をすることで、社会の動きが見える。
    ・失敗してもいくらでもやり直しがきく

    詳しくは
    学生に投資を勧める理由

    7人の兵(つわもの)

    七人の兵ブロガーによる週間相場予想
    日替わりコラム書いています。
    兵(つわもの)ブロガーの週間相場予想
    Lumenさん  為替侍さん
    しーさん  yamamomoさん
    しろふくろうさん  ダメおやじさん
    ロガーロさん  Sarahさん
    CarrieBBさん

    FXベストチョイス!手数料無料でスプ〈$¥3P〉は外為オンライン…携帯OK!
    コラムに関する記事

    用心発言などを素早く、正確に配信中
    最強の情報源、FX-WAVEを使っていない方は是非!
    乱高下!こういった大相場で大事なのは・・・
    新しいチャート機能にも注目ください!
    新たなチャート伝説?ここから始まる

    リンク
    情報源メモ

    多くの書き込みの中にも、はっとする情報があります。
    2ch市況2板

    1週間の予定はこれでチェック。月間予定もあります。
    ひまわり証券 マーケットデータ ~ Weekly Calendar ~ 

    投資家ご用達。専門書の種類が豊富です。
    トレーダーズショップ 

    主要通貨の勢いが一目で確認できます。
    Infoseek 外為レート一覧

    株・為替の基本的な情報からローンの話まで。
    MSNマネー

    基本的な情報からチャートの勉強などなど
    FOREX WATCHER

    逆アクセスランキング(15日間)
    アクセスランキング

    オススメ本
    勉強が苦手な方、努力が嫌いな方、情報商材へどうぞ。


    アレキサンダー・エルダー著 投資苑
    全ての投資家へ贈るバイブルです。なかなか高価な本ですが、情報商材を買うより賢明な買い物とはっきりと言えます。
    当ブログでの引用記事
    大衆は教祖を求めている



    山口祐介著 相場で負けたときに読む本~真理編~
    なぜ、勝者は負けても勝っているのか?なぜ、敗者は勝っても負けているのか?
    相場へ向かう上での心理や負ける原因など多岐に渡って書かれております。同時に平易な言葉で書かれているので、上の投資苑より取り組みやすく、何度も読める本と言えます。
    当ブログでの引用記事
    大荒れ相場に大事な変化への対応
    勝ち逃げすることが非常に難しい
    ファンダメンタルの限界


    山口祐介著 相場で負けたときに読む本~実践編~
    あなたが本当に“勝者”であるならば、本書を読む必要はまったくありません。実際に相場で勝つためにいかに行動すべきかを示してくれます。上の本と同時に読まれることをオススメします。


    松田哲著 FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?
    数多くの相場を乗り切った人だから言えるあの言葉。初心者には難しいので、中級者以上にオススメします。


    お金は銀行に預けるな
    我々一般人も金融リテラシーを身につけて上手に資産運用すべしと述べております。当ブログで言いたいことを多く述べてくれています。3時間もあれば読める大変素晴らしい本。オススメです。当ブログでの記事