スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンチな英国。ならばいつまで売りを継続すればよいか?

英国。
かつては大英帝国と呼ばれ、映画を極めた時代もありました。
しかし二つの大戦を挟んで見事に米国にその世界の覇王たる位置を奪われ・・・
1970年代には英国病と呼ばれる始末。
その後マーガレットサッチャーの登場により金融立国として立て直されたと言われております。

そして2008年。
未曾有の金融危機が世界の経済を襲い、英国ももちろん激しい打撃を受けました。
しかし英国は迅速な対応で世界の喝采を浴びたことは以前お伝えしたとおりです。

が、既にポンドが130円を割っているのにも関わらずどうしようもない英国。
アイスランドの例もあり、非常にピンチな状態が続く英国です。

そんな解釈はいらないからまずポンド円の行方を教えてくれ!
そんな方にはにほんブログ村 ポンド円に行くことをオススメします。
ポンド円に特化したブログはそれだけ見る価値アリです! にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
※この記事は前回の記事の続きです

その原因として金融立国故の弱点があります。

それは借金漬け大国であるということ。

ん、どこかのなんとか党の演説で聞いたことがあるような・・・
そう、日本とは少し異なる事情があります。

英国では家計・企業の負債合計の国内総生産に対する比率が、
10年前の1.3倍から2倍強に膨張。
そのお金はMMFから調達される形で英国に供給され続けました。
つまり借金を他国に依存していたということ。
(ちなみに日本はそのお金の多くを国内から調達しております)

ねこざん式FXの行方は>>人気blogランキング15位
色々あるようですが、結論は「損切り」だとか。

そんな海外からのお金に頼っていた英国ですから、
うまくお金が世界中に回っていた状況なら問題はありませんが、
このような状況となってしまえば・・・

じゃあ英国はどのようにすれば元の位置に戻るか。
あるいは今のようなにっちもさっちも行かない状況から復活できるか?

その答えは財政健全化。
長い間のため込んできた不良債権を如何にして処分し、
その負債を身の丈にあった水準まで落とせるか?

ただしこのような長い間についてしまった余計な不良債権は、
ダイエットの時の体脂肪にも似て中々落ちにくいもの。
「救済策」「画期的な法案」などによって一時は上昇する気配は見せましょうが、
しばらくは英国ポンドは売りということで間違いはなさそうです。

参考:日本経済新聞

英国は終わった!あの人が言うのだから間違いはないでしょう 人気blogランキング3位のCatuさん

CFDならSVC證券
CFDってなにさ?
と思いましたらまずはデモトレードがオススメです。


当ブログでの関連記事カテゴリ:CFD取引
FXの次なる投資先として注目しております。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とあるエンジニアK

Author:とあるエンジニアK
1982年生まれの機械系エンジニア

 まだ若いからお金がない?いいえ、お金がないときこそ投資です。投資の勉強は実際に身銭を投入しないとわからないもの。FXならば少ない資金で投資を始めることができます。資金が少ない人はスウィングで高回転投資!例え失敗しても、若いのだからまだまた頑張ればやり直し可能!進め!若者よ!!投機を抱け!!!

FXを知らない人→FXって何??

 デイトレ~スウィングトレードで。スワップは無視。ファンダメンタルよりもテクニカルを重視して取引しています。月々100万円は無理ですが、月々10万円を目指してトレード中。FXはあくまでも副収入としての位置づけです。仕事を通じて自己を成長させ、楽々トレードで豊かな生活!
 コメント、トラックバック歓迎。引用もご自由にどうぞ。相互リング受付中ですが、内容によっては相互リンクをお受けできない場合もあります。

詳しい自己紹介

big_09_2009.jpg
BIG tomorrow '09 9月号
ニッチな時間で取引…
に掲載されております。
がっちり2

ポン円の達人として登場!(6ページ)FXの基本がわかる本です!

月アス
月刊アスキー1月号FX特集
今後3ヶ月の予想を超がつくプロトレーダーと肩をならべて述べています。
記事紹介

big200802.jpg
どうすれば勝てるか?朝が大事であることを記事内で書きました。

七人の兵ブロガーによる週間相場予想
兵(つわもの)ブロガー連載中です


CALTLHVO.gif
FX対談が掲載されております!

旧名:学生よ、投機を抱け!

学生さんには投資をすることをお勧めします
・学生時代は膨大な時間がある
・柔軟な頭を持っている
・投資をすることで、社会の動きが見える。
・失敗してもいくらでもやり直しがきく

詳しくは
学生に投資を勧める理由

7人の兵(つわもの)

七人の兵ブロガーによる週間相場予想
日替わりコラム書いています。
兵(つわもの)ブロガーの週間相場予想
Lumenさん  為替侍さん
しーさん  yamamomoさん
しろふくろうさん  ダメおやじさん
ロガーロさん  Sarahさん
CarrieBBさん

FXベストチョイス!手数料無料でスプ〈$¥3P〉は外為オンライン…携帯OK!
コラムに関する記事

用心発言などを素早く、正確に配信中
最強の情報源、FX-WAVEを使っていない方は是非!
乱高下!こういった大相場で大事なのは・・・
新しいチャート機能にも注目ください!
新たなチャート伝説?ここから始まる

リンク
情報源メモ

多くの書き込みの中にも、はっとする情報があります。
2ch市況2板

1週間の予定はこれでチェック。月間予定もあります。
ひまわり証券 マーケットデータ ~ Weekly Calendar ~ 

投資家ご用達。専門書の種類が豊富です。
トレーダーズショップ 

主要通貨の勢いが一目で確認できます。
Infoseek 外為レート一覧

株・為替の基本的な情報からローンの話まで。
MSNマネー

基本的な情報からチャートの勉強などなど
FOREX WATCHER

逆アクセスランキング(15日間)
アクセスランキング

オススメ本
勉強が苦手な方、努力が嫌いな方、情報商材へどうぞ。


アレキサンダー・エルダー著 投資苑
全ての投資家へ贈るバイブルです。なかなか高価な本ですが、情報商材を買うより賢明な買い物とはっきりと言えます。
当ブログでの引用記事
大衆は教祖を求めている



山口祐介著 相場で負けたときに読む本~真理編~
なぜ、勝者は負けても勝っているのか?なぜ、敗者は勝っても負けているのか?
相場へ向かう上での心理や負ける原因など多岐に渡って書かれております。同時に平易な言葉で書かれているので、上の投資苑より取り組みやすく、何度も読める本と言えます。
当ブログでの引用記事
大荒れ相場に大事な変化への対応
勝ち逃げすることが非常に難しい
ファンダメンタルの限界


山口祐介著 相場で負けたときに読む本~実践編~
あなたが本当に“勝者”であるならば、本書を読む必要はまったくありません。実際に相場で勝つためにいかに行動すべきかを示してくれます。上の本と同時に読まれることをオススメします。


松田哲著 FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?
数多くの相場を乗り切った人だから言えるあの言葉。初心者には難しいので、中級者以上にオススメします。


お金は銀行に預けるな
我々一般人も金融リテラシーを身につけて上手に資産運用すべしと述べております。当ブログで言いたいことを多く述べてくれています。3時間もあれば読める大変素晴らしい本。オススメです。当ブログでの記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。