スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の反省:先週に引き続き…&祝10万ヒット

さてブログタイトルは変更しましたが、
内容は変わりなく、土曜日恒例の週の反省です。

今週は・・・
先週と同じく例のTopscolaのシグナルに従った取引のみです。
出るシグナルに従って携帯で暇を見つけては注文・・・
先週書きましたが、
結果として利益が出ているのでよしとしたいのですが、
自分としては自分の相場感が養われない為、
シグナルのみではなく、自分で納得しての取引を心がけたいのです。
ただしばらくはネット環境がない為、それも難しいかと。
しばらくは「リアルタイム」ではない話題をお届けします

ちなみにTopscolaは明日から値上げだそうです。
当ブログでのトップスコーラに関する記事は
トップスコーラ総括

今週の記事
  • ブログ村でin数、out数を増やす裏技その2 (03/30)

  • ブログ村でin数、out数を増やす裏技 (03/30)

  • しばらくは「リアルタイム」ではない話題をお届けします (03/29)

  • 卒業式・・・そして出発 (03/29)

  • 再び明日以降に (03/28)

  • 為替の話題は明日以降に (03/27)

  • お別れです (03/26)

  • 今週の戦略:火曜日or水曜日に順張り円買いを狙う (03/25)

  • 地震?? (03/25)


  • 今週の予想については明日の朝に自動更新されます。(朝9時)

    しばらく見ていない間に世界地図が変わりましたね→人気blogランキング

    ポン円、ドル円のランキングにも参加してみることにしました(お試しで)
    ボラティリティのポン円大好き→にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
    やっぱり王道?ドル円は→にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

    そして嬉しいことが1件。
    3月29日、ついに当ブログが10万ヒットを記録しました。
    当ブログは左サイド、真ん中、右サイドの3段構えとなっておりますが、
    29日の夜に見たところ、表示がおかしい?
    よく見てみると、カウンターが10万を超え、6桁となったためおかしくなったようで、
    それによってようやく10万ヒットに気づきました。

    昨年の5月にブログを始め、徐々にアクセス数を伸ばし、
    現在では1日500~700ヒットを達成しました。

    振り返ると本業が忙しい中でのブログ更新でしたが、
    本当によくやったと思います。
    そして大きかったのが当ページを見てくれる方々。
    皆様に見られることで当ブログは大きく成長することができました。
    本当にありがとうございます!
    またひとつ壁を越えました。
    高ければ高い壁のほうが

    ブログタイトル、本業共に変わり、今後とも更に成長しようと思います。
    どうかご期待ください。

    米国大手銀行がNZDで勝負!人気blogランキング29位
    スポンサーサイト

    若者よ、投機を抱け!byとある新米社員K

    本日は予告通りタイトルを変更しました。
    かつての記事で、ブログタイトルは重要であると書きましたが、
    それを重視してのブログタイトル変更です。

    このブログタイトルは、若い人に投資をしていただきたい!
    という考えから名付けました。
    若い方はなかなか投資に回せるお金がないかと思いますが、
    FXならば少ない証拠金で取り組むことができます。
    そして是非損をしてもらいたいです!
    まだやり直しがきく若いうちに損をすることで、
    必死になって勉強し、将来その損を取り返すことができます。

    特に学生は、下記の理由により投資をすることを強くお勧めします。
    ・学生時代は膨大な時間がある
    ・柔軟な頭を持っている
    ・投資をすることで、見えなかった社会の動きが見える。
    ・失敗してもいくらでもやり直しがきく

    詳しくは
    学生に投資を勧める理由

    また、副題である-FXで月10万円のお小遣い-
    は、月々10万円のFX収入があれば、
    今より生活がより豊かになるのでは。
    特に月々何十万、年間で何千万円もいらないから、
    よりより生活を目指すべくこのようなタイトルとしました。
    自分は働くことをメインとし、FXはあくまでも副収入の位置づけとしております。
    FXで何億円稼ぐよりも、まずはしっかりとした仕事をし、
    1人前の社会人として認められるようになりたいと思います。
    (まあそれ以前にFXで○億円も儲けられる才能も技術もありませんが)

    そして、ハンドルネームに関しては、
    肩書きが徐々に変わっていけばおもしろいのでは。
    と考え、まずは新入社員という肩書をつけました。
    これがそのうちとある係長、とある課長などと変わっていけばおもしろいです。
    サラリーマン金太郎、島耕作、のらくろ君のように、
    徐々に出世していきたいと思います。

    さてこのブログタイトル、ハンドルネームともに、
    FXブログ界の大御所さんをインスパイアさせていただきました。
    どなたであるとは言いませんが、自分の尊敬すべき、目指すべきブログを書いている方
    に少しでも近づければと思い、このようなタイトルとしました。
    (ブログタイトルは変わってしまったようです)

    本当は看板、ブログデザイン、その他多岐にわたって変更したかったのですが、
    いかんせんネット環境がなく、ネットカフェでの限られた時間内での更新なので・・・
    しばらくは「リアルタイム」ではない話題をお届けします

    社会人となることで、少しはものの見方が変わるかもしれませんが、
    本質は変わりません。
    今後ともとある新米社員Kにご期待ください。

    皆様のクリックが力となります→人気blogランキング

    ポン円、ドル円のランキングにも参加してみることにしました(お試しで)
    ボラティリティのポン円大好き→にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
    やっぱり王道?ドル円は→にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

    ブログ村でin数、out数を増やす裏技その2

    ブログ村でin数、out数を増やす裏技についての詳細です。。

    読む前にこちらをお願いします→人気blogランキング

    続きを読む

    ブログ村でin数、out数を増やす裏技

    さて本日は年度末。
    1年で最もクロス円が動く年とされていますが、
    果たしてどうなったのでしょうか・・・
    残念ながら一切相場には参加できていません
    しばらくは「リアルタイム」ではない話題をお届けします

    さてリアルタイムではない情報となると、
    本の紹介、分析手法について、自分の思い出などなど、
    皆さんがあまり重要視しない情報となるかもしれません。
    どちらかといえば土日に読んでほしいような記事になるかと思われます。
    しばらくはそういった記事中心になるかと思いますので、
    どうかご了承ください。

    さて本日はブログ村為替ランキングで順位を上げる裏技について。

    裏技と書くと誇大広告になるかと思われますが、
    実際に自分は1週間で大きくin数、out数が増えました。
    それはとても簡単なことです。

    読む前にこちらをお願いします→人気blogランキング

    続きを読む

    しばらくは「リアルタイム」ではない話題をお届けします

    会社の寮に入りました。
    ネット完備だと聞いていたのですが、
    それは勘違いだったようで、ネットは各自でつなぐようです。
    既に申し込みをしたのですが、開通は3週間後だそうで・・・

    幸いにもネットカフェが近くにあるので、
    更新等はそちらから行う予定です。
    ただ毎日通いたくはないので、
    しばらくは「リアルタイム」ではない為替情報の予約投稿となりそうです。
    具体的には本から引用した記事を紹介するなどです。
    もちろんクオリティを下げない努力をしますのでご期待ください。

    そしてクリックしていただけるとありがたいです→人気blogランキング

    また、コメントに対する返答、メール返信など遅れます。
    更に他の方のブログへ遊びに行く機会も減るかと思われます。
    どうかご了承ください。

    ポン円、ドル円のランキングにも参加してみることにしました(お試しで)
    ボラティリティのポン円大好き→にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
    やっぱり王道?ドル円は→にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

    卒業式・・・そして出発

    卒業式の日はあっという間に終わってしまいました。
    学部時代にも卒業式を迎えているので2度目となる卒業式でしたが、
    やはり今回はぐぐっとくるものがありました。

    謝恩会、研究室のお別れ会。
    夢のような時間はあっという間に過ぎ、学校へ。

    自分は研究室内で4人のメンバーと共に3年間過ごしてきたのですが、
    その夜はそのうち1番仲がいい人と話していました。
    3年間こうして多くの時間を2人の会話で過ごしてきましたが、
    最後だと思うと眠気もなくぐだぐだぐだと話し続けました。

    自分が犬のようなタイプだとすれば、その人は猫タイプ。
    本来ならば相容れないタイプなのですが、なぜだか気が合う二人でした。
    もちろん怒ったり怒られたりで喧嘩もしました。
    だけども常にお互い頼り頼られしていたような・・・
    そんな二人でした。

    やがて朝が来て、お互い昼間にすべきことがあったので帰ることに。
    花曇りの空に咲いた桜。
    その中を駅まで歩き、改札口で別れを告げ、別々のホームへ。
    その人は東へ向かう電車、自分は西へ向かう列車。
    2車線を挟んでお互い話しかければ話せるような距離でした。

    やがて東へ向かう電車が。
    お互い無言で、笑顔で手を振って別れましたが、
    電車が去ったあと、やっぱり泣いてしまいました。
    朝のほとんど人がいないホームで。


    その後、帰宅し、軽く休んだ後に最後の荷造り。
    といっても既に引越は完了しているのですぐに終わり、
    我が家と家族、そして2匹の猫と別れを告げ、
    電車に乗って20年以上暮らした故郷を後にしました。

    兎追いし(うさぎおいし)かの山
    小鮒釣りし(こぶなつりし)かの川
    夢は今もめぐりて
    忘れがたき故郷



    東京に住んでいるとはいえど、ここが東京?
    などと来た人来た人に言われるような田舎に住んでいました。
    幼少から山の中を駈けずりまわり、近所の川でザリガニを釣っていました。
    その故郷とも今日でお別れ。
    20年で開発が進みましたが、心の風景は変わることはありません。

    再び学校へ。
    研究室で最後の仕事と後片付け。
    文献が山積みだった我が机は物がないと本当にすっきりです。
    後片付けが意外と時間を取られ、夕方過ぎに学校を後にしました。
    大学を去る時、やっぱり寂しくなりましたが、今度は泣きませんでした。

    そして横浜にある会社の寮に入ったのです。

    月、火とあっという間のお別れの2日間でした。

    ブログ村へ戻る

    再び明日以降に

    寮ではネットがすぐに使える認識でいましたが、残念ながらそうではなありませんでした。
    ネットが使えるのはたずっと後だとか。
    明日は時間があるので、きちんと更新します。
    おそらく何日分もまとめて更新すると思われます。
    またコメントに対する返答やメールの返事など、すぐに対応できませんのでご了承ください。

    為替の話題は明日以降に

    卒業式も無事に終わり、今日は20年住んだ地元とお別れでした。
    学校も今日が最後で、先ほど研究室に別れを告げました。
    今は寮がある横浜へ移動中です。
    為替の話題は明日以降になると思います。
    しばしお待ちを。

    お別れです

    おはようございます。
    今日という日を迎えることができました。
    今日は卒業式です。
    長い長い学生生活でしたが、卒業の日の朝を迎えることができました。

    為替に関係ない話題です。
    為替に関係のある話題は→人気blogランキング
    今週の戦略は→今週の戦略:火曜日or水曜日に順張り円買いを狙う

    ポン円、ドル円のランキングにも参加してみることにしました(お試しで)
    ボラティリティのポン円大好き→にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
    やっぱり王道?ドル円は→にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

    続きを読む

    今週の戦略:火曜日or水曜日に順張り円買いを狙う

    地震も気になるところですが、今週の戦略です。

    先週はドルを中心とした1週間でした。
    結局FOMCではどっちつかずな感があり、
    一つ一つの要人発言、指標にドルが絡んで乱高下する展開が見られました。
    ドル円の持ち合いはFOMCで放たれる!

    クロス円もドルに引っ張られるようにして乱高下しましたが、
    中国発のプチ恐慌の時に比べると円のボラティリティが低くなってきた気がします。
    爆裂円高の背景にはチャイナショック

    気になるポンド円もロシア系銀行が締め出された影響もあり、
    先週に比べるとおとなしい1週間でした。
    ポン円の扱いすぎで締め出しを食らったロシア系銀行
    ポン円下落:ロシアから愛をこめて

    7人の兵ブロガーのLumenさん結婚!→ランキング10位
    おめでたいことです。
    コメント欄にお祝いメッセージがあふれています。

    3月最終週の戦略です

    今週は火曜日or水曜日に円を買いたいと思います。
    クロス円チャートを見ると、ぼちぼち上値が重たい展開。
    特にドル円は、2度も跳ね返されている118円ミドルへ上値が重く、
    相場反転のサインである十字線らしきものも見られました。

    そこで、反転し、円高方面へ傾くと予想(期待)されるのですが、
    今すぐ仕掛けるのは逆張りで少々怖いところ。
    なので週半ばに円高方面へ傾いた後に順張りで張ろうと思います。
    円高方面への足は速く、仕掛けどころに勇気がいるところですが、
    少ない枚数でゆっくりとしかけたいところです。

    そのまま上昇トレンドの場合はスルー、あるいは追っかけ円ショートします。

    気になる点は現在は上昇トレンドであるということ。
    先日MACDが反転し、ゴールデンクロスが見られた点です。
    大きいラインの乖離が見られますが、
    これだけ大きい乖離が見られるのもめずらしく、
    円ショートを取るのが難しい!
    といったところでしょうか。

    それ以外にも年度末要因があり、来る3月30日は一年で最も相場が動く日とされています。
    相場が円高に傾いていることを望むのならば、
    その30日を踏み台にして大きく下落し、
    年度末パワーを見せてくれるかもしれません。

    週の短期予想は→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

    そして3月といえばトップスコーラの値上げ前最後の申し込みチャンスです。
    更なる情報提供の向上をはかるとのことですが、既に大きく変化しており、
    更に見やすく、わかりやすくなっています。

    当ブログでのトップスコーラに関する記事は
    トップスコーラ総括
    決して勝率100%ではなく、○億円とは謳いません

    FXってなにさ?
    という方にオススメ
    漫画で為替を学ぶ

    ポン円、ドル円のランキングにも参加してみることにしました(お試しで)
    ボラティリティのポン円大好き→にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
    やっぱり王道?ドル円は→にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ


    そして今週はお別れの日々か・・・

    地震??

    来週の戦略を練っているところに地震のニュースが入ってきました。

    石川県で震度6強!?

    心配になって、地震直後の連絡はよくないと知りつつも友人に安否確認の電話。
    しかし、つながらない・・・
    以前、中越地震は身の危険は感じなかったが、家や大学が大変なことになったとか。
    まあ彼のことだからきっと大丈夫でしょうが、少々心配なところです。

    週の反省:忙しいと言い訳はしたくないけど・・・

    今週の反省です。

    今週はほとんどトップスコーラに任せた取引でした。
    研究の後始末と家の引越し、そしてお別れの日々。
    ゆっくりと相場を見ている暇がなく、
    朝夜にシグナルをチェックしての取引だけでした。
    結果として利益が出ているのでよしとしたいのですが、
    自分としては自分の相場感が養われない為、
    今後は避けたいところですが・・・
    果たして社会人になったらどうなるのだろ。

    当ブログでのトップスコーラに関する記事は
    トップスコーラ総括

    え、おやじさん1位陥落?1位は?→人気ランキング
    おやじさんといえば、大きな本屋に行く機会があったので¥スパを立ち読みしました。
    そして投資本コーナーに羊飼いさんのど素人がはじめるFXの本がありました。
    初心者以外の方は買わないでくださいと羊飼いさんがブログ上にて仰ってましたが、
    大変よくまとめられており、復習の為に1冊手元に置いておくのは悪くない。
    と思いました。
    早速楽天で注文しました。


    ど素人がはじめるFX(外国為替証拠金取引)の本


    今週の記事
  • ポン円の扱いすぎで締め出しを食らったロシア系銀行 (03/23)

  • 米国債利回り上昇でドルは買い戻されました (03/23)

  • バーナンキ議長はおとなしく・・・ (03/22)

  • 今後は利下げ利上げどちらもありうるのだから (03/22)

  • 果たしてドル円は放たれるのか? (03/21)

  • EU加盟を目指すトルコの4つの障害 (03/21)

  • 中国人民銀行総裁の発言で滝のような下落! (03/20)

  • もうすぐ卒業ですが・・・ (03/20)

  • ドル円の持ち合いはFOMCで放たれる! (03/19)

  • 窓は予想通り、今週の戦略:クロス円サポートラインへ (03/19)


  • そしてブログに関しては、来るべき生活に備えて「朝に更新する」
    ということを達成できた1週間でした。
    ブログに穴はあけたくないもので、その為には夜ではなく、
    朝に更新する癖をつけたかったので今週は毎朝更新しました。
    できるのなら7時前に更新したいところです。

    大御所さんは朝に更新です→ブログ村為替

    もう少しで学校ともおさらば。
    この時間に学校にいるのもいつの日かなつかしく思えることかな。

    ポン円の扱いすぎで締め出しを食らったロシア系銀行

    本日は昨日と一転、円高基調で相場が進んでおります。
    本邦投資家の償還による円高ドル安が引き金となった形でドル円が下落、
    それにつられるようにして全面的に円高となりました。

    検証ブログのピンチ→ランキング3位で返金?

    さて気になるニュースが外為オンライン提供のFXWAVEにありました。
    それは最近ポン円で大暴れしていたロシア銀行に関するニュースです。
    ロシアより愛をこめて

    最近は先週などに比べるとロシア時間(大体15時~16時)の
    ポンド円の動きが鈍くなっています。
    その要因として、ポン円の乱高下要因を作った銀行の玉の
    オーダーを受け付けなくなったことによります。

    なぜならその玉を扱っていた一部の銀行では、
    流動性の低いポンド円に打たれることに辟易しているのだとか。

    その結果、今まで仕掛けていたロシア系銀行の扱える玉が縮小し、
    同銀行の流動性が低下したことから、先週見られたような乱高下が見られなくなりました。

    乱高下要因を作ったから相場から締め出す。
    そういったことがあるんだなと、意外に相場の世界もなんでもありの皆平等というわけじゃなく、
    ルール違反者に対しては厳しいのだなというのが正直な感想です。

    ポン円の短期予想は→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

    ちなみにトップスコーラのポン円シグナルは、
    最近の乱高下によりランキング圏外へ下落してしまいました。
    当ブログでのトップスコーラに関する記事は
    トップスコーラ総括

    FXってなにさ?という方にオススメ
    漫画で為替を学ぶ

    勝率にこだわっちゃいけないです!

    米国債利回り上昇でドルは買い戻されました

    おはようございます。
    段ボールビルディングの中で目覚めました。
    今朝は昨日に比べて少し寒いようですね。

    昨晩は寝る前にドルが若干戻していると書きましたが、
    その後、米債利回りの急進に伴い、ドルが買い戻され、
    FOMC以前の水準まで戻りました。
    本日は週末要因も手伝って再び大きく動きそうな気がします。

    検証ブログのピンチ→ランキング3位で返金?

    気になるのがクロス円で、ぼちぼちショートを仕掛けたいところ。

    本日の外為オンラインのコラムは自分が担当しております。
    七人の兵(つわもの)ブロガーによる外為談話室

    FXベストチョイス!手数料無料でスプ〈$¥3P〉は外為オンライン…携帯OK!

    短期予想はやっぱり→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

    さて相場と関係ない話ですが・・・

    続きを読む

    バーナンキ議長はおとなしく・・・

    少し心配だったバーナンキ議長の講演。
    結局経済関連の話題には言及しなかったようで、
    ドル相場は若干の戻しが入っております。

    サブプライム問題から今後の懸念について→ランキング28位

    その他にはポンドジャンプを見ることができましたね。
    これまたインフレを懸念するような指標結果で、
    ポン円では232円を簡単に突破してしまいました。
    現在の時間では231円後半でうろうろしているようですね。

    狙うはポンスイ?→ブログ村14位

    明日の外為オンラインコラムは自分が担当します。
    FX WAVEがなければ大きなハンディを背負う

    短期予想はやっぱり→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

    本日の独り言。
    引越準備が終わりましたー。
    1人なのにこんなに準備に時間がかかるとは思いませんでした。
    明日には荷物を持ってってもらい、
    来週にはいよいよ我が家ともお別れし、寮暮らしがスタートします。
    ワクワクな反面、やっぱり寂しい感情が多くを占めています。

    今後は利下げ利上げどちらもありうるのだから

    おはようございます。
    最近は朝起きるのが楽になってきました。
    朝イチで温度計をチェックすると、10度を超えてましたからね。
    そしてチャートをチェックしてみると・・・

    クロス円は発表直後こそ大きく下げたものの、
    その後は急上昇で、行ってこいの展開になったようですね。
    そしてユロドルなどは大きくジャンプしている姿が見られました。

    皆さん起きている方が多かったようです→人気blogランキング

    FOMC声明文の全文を下記に引用しますと。
    “追加的引締めバイアス”言及を削除
    “サブプライム住宅ローン問題”に直接触れず
    ・据え置きは全会一致で決定
    ・住宅市場の調整は継続している
    ・今後の政策変更は物価と景気の見通し次第
    ・コアインフレに関する指標は幾分上昇
    ・経済指標は好悪混在
    ・インフレ圧力はいずれ鈍化の見通し

    注目される点は「追加的引き締めバイアス」言及を削除した点です。
    今後ともインフレ圧力の懸念はあるものの、今後は利下げ、利上げ
    どちらも可能性としてある。
    ということを示す形となりました。
    つまりは将来の経済指標結果次第ではどちらもありえるということです。

    気になる相場はクロス円がわからないものの、
    それ以外ではドル安方面へ傾きつつあります。
    好調なポンド、ユーロとの組み合わせで狙っていこうかな。
    そんな戦略です。

    サブプライム問題から今後の懸念について→ランキング28位

    今日はバーナンキ議長のクレジットリスクに絡む講演を行う予定で、
    FOMC声明文発表翌日である上、
    「サブプライム問題がくすぶる中で、住宅ローン貸出機関と
    銀行セクターの信用スプレッドが2006年11月以来の水準へ拡大している」
    という指摘もあり、注目されます。
    議長講演は本日のNY時間が始まった後の22時頃からです。
    参考:外為オンライン
    提供のFXWAVE→FX WAVEがなければ大きなハンディを背負う

    また英国小売り売り上げ高指数も発表され、
    昨日に引き続いて乱高下の可能性もあり得ます。
    特にポン円は230円~231円は過去のチャートを見ても、
    どちらにいくのか判断のしにくいところ。
    中期スウィングよりも狙うのならデイトレを推奨したいところです。

    短期予想はやっぱり→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

    狙うはポンスイ?→ブログ村14位

    FXってなにさ?という方にオススメ
    漫画で為替を学ぶ

    果たしてドル円は放たれるのか?

    本日は春分の日で東京市場はお休み。
    東京時間ではほとんど動きがなかったようですが、
    ロンドン時間で大きく円が売られる展開となりました。

    昨日好調だったポンド円、キャンドル円は本日も好調でした。
    特にポンドは、3月MPC議事録で利下げを主張した委員がいたことから、
    発表直後で大きく下げたものの、すぐに反発。
    先月末以来の231円台まで回復してきております。

    クロス円上昇率を比較すると??→ランキング17位

    本日はこの後FOMCを控えており、相場がまだまだ動かされる事が予想されます。
    特に先日予想したとおり、見事な三角持ち合いを形成している今、
    どちらかにぐぐぐっと動くことが予想されます。
    ドル円の持ち合いはFOMCで放たれる!

    果たしてどうなるものか。

    FOMCを前にランキングも熱い!
    押さえておくべき事→ランキング1位
    行きたい方向チェック→ランキング11位

    本日の独り言
    引越準備が終わらないです・・・

    EU加盟を目指すトルコの4つの障害

    昨日はNY時間からの円高がすさまじかったですね。
    やはり中国銀行総裁の発言は重みが違います。

    クロス円上昇率を比較すると??→ランキング17位

    さて今回の記事は最近注目ブログ村で注目されているトルコについてです。

    スワップ派では大人気のトルコリラ。
    その理由として高金利通貨であることが挙げられます。

    トルコ運用についてはランキング4位の大御所さんでチェックしてください。
    暴落に対する考え、高い変動率は本当なのかと、
    多岐にわたり通貨としてのトルコリラについて分析されております。

    そのトルコですが、現在のところではEUに参加していません。
    このEU参加というのがトルコの悲願であります。
    トルコがEUに加盟することによって、
    自国内で生産した製品をEU圏内で売りやすくなることや、
    出稼ぎなどで高い賃金を払うフランスやドイツへ行けるなどなど、
    多くのメリットが挙げられます。
    参考:加盟できなければEUの移民は増加

    しかしEUには1960年代から交渉し続けているのに、
    なかなか加盟が実現しません。
    それはなぜか?

    下記に示すような理由が挙げられます
    地理的問題
    宗教的理由
    経済的理由
    司法、政治的理由


    地理的問題について
    トルコはヨーロッパのバルカン半島と、アジア大陸にまたがった形で国があります。
    その面積の占める割合が
    ヨーロッパ側:3% アジア側:97%
    なぜ国土の大半がアジアなのにEUに加盟するのがおかしい!
    というのが反対派としての理由です。
    参考地図:wikipedia

    宗教的理由について
    トルコの人口の99%はイスラム教徒です。
    しかしEU諸国は大多数がキリスト教。
    特に「参加条件がキリスト教国である」と明文化されているわけではないのですが、
    保守派としては、イスラム教国が参加することに対して強い抵抗感があるようです。

    経済的理由について
    トルコの主要産業は農業です。
    経済競争力では劣っています。
    そこでEUに加盟すれば、EUとして農業支援を行わなくてはならず、
    ある研究所の試算によると、
    トルコ加盟によって新たに140億ユーロの経費がかかるそうです。
    この経費は2004年のEU拡大時に支払った経費を上回るため、
    (2004年には10カ国が一気に加盟)
    EU財政プログラムの財政プログラム見直しが必要となり、
    トルコの加盟は見送られる。
    とのこと。

    ちなみにトルコでの全労働者に対する農民の割合が33.4%と、
    EU諸国の平均4.0%に比べると非常に高い数値となっております。
    参考:トルコのEU加盟問題

    司法、政治的理由について
    ご存じの通りトルコは最近まで死刑制度が根強く残っていた国であり、
    警察の取り調べでは暴行や拷問が行われることが当たり前でした。
    また、「離婚をすると2年以内の懲役」のような、
    イスラム教の教えに基づくような法律もあり、
    EU諸国としては司法基準がある水準に達していない。
    という見方でした。

    そして政治的には多くの問題を抱えています。
    クルド人弾圧、キプロス問題などなど。
    時として内戦のような激しい戦争にはEU諸国としては非常に大きな懸念となるでしょう。

    以上の理由によりトルコ加入はまだまだ先だという見方が圧倒的です。
    具体的には10年以降先であるとのことで、
    遙か先のことのように思えます。

    参考文献:意外なツボがひと目でわかる世界地図

    しかしこれはスワップ派にとってはどうなのでしょうか。
    トルコが一つ一つ内面を片付けていけば、トルコリラの価値は上昇し、
    おそらく金利も現在のような10%を超える高金利ではなくなるかと思われます。
    このトルコリラの価値の上昇と金利の低下
    その綱引きがトルコリラを持つ人にとって重要な懸念事項であると考えられます。

    まあその懸念が表面化するのは遙か先のことかと思われますがね。

    人気blogランキング5位のトルコリラ運用方法とは??

    やっぱり自分は短期トレード派だな。
    という方には→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

    最後に宣伝
    当ブログでお世話になっておりますTopscolaですが、
    この度4月から値上げとなるそうです。
    現在では月々4800円ですが、
    4月以降は月々9800円になるだとか。
    ただし3月中に会員登録すると
    4月以降も現状料金で引き続きご利用になれるとのこと。

    情報商材のような手ですが、中身は決して安くはないものです。
    よくある○億円!などのように抽象的なものではなく、
    しっかりと損をすることを前提の上での取引です。

    当ブログでのトップスコーラに関する記事は
    トップスコーラ総括

    勝率にこだわっちゃいけないです!

    中国人民銀行総裁の発言で滝のような下落!

    珍しい組み合わせの通貨が上昇中です。
    それはカナダドルとポンド。
    いずれも本日発表された消費者物価指数の好結果によるもので、
    その中でもポンドは予想外にインフレが加速、
    更なる利上げの可能性が高まったとのこと。

    FX情報戦国時代!MarketWin24?ランキング8位

    そして気になったのが中国人民銀行の周小川総裁の文面。
    20日発行のエマージング・マーケット誌にてインタビューに応じ
    「今後は外貨準備高を積み上げていく方針にはない」と発言したそうです。
    この発言によってドルは大きく売られ、それにつられたのか、
    NY開始後の現在では大きく円が買い戻されています。
    特にポン円は15分足で50pips以上の下落ですから、
    またまた円絡みのボラティリチの怖さを実感です。

    気になるオセアニアはやはり大御所さん→ブログ村5位
    AUD/USDは0.8は約11年ぶりに!!

    今日は急ぎなのでこの辺で。

    最近人気?なようです→トウキョウフォレックス
    安定したシステムと経験豊富なスタッフがサポート*トウキョウフォレックス

    勝率にこだわっちゃいけないです!

    もうすぐ卒業ですが・・・

    昨日は東京時間にぐぐっと動いただけで、
    ロンドン、ニューヨーク時間ではあまり動きませんでした。
    円を中心&東京だと期末要因を感じます。
    今日も東京時間が注目されるでしょう。

    また、ポン円は大きく買われましたが、
    外為オンライン提供のFXWAVEによると、
    「228.60円越えではロシア系の買いオーダーがあるとの観測が流れていた」
    とのことですが、噂がめぐっていた割には上昇しきれずに、
    一端は228円半ばに押し戻され、現在はその周辺をうろうろしているとか。
    関連記事→ロシアより愛をこめて

    雑誌取材受けてます→ブログ村為替ランキング220位の為替侍さん
    インタビュアーさんがかわいいです。

    今回は学生投資家ブログランキングの今後について。

    学生投資家向けカテゴリ

    続きを読む

    ドル円の持ち合いはFOMCで放たれる!

    窓開けで始まった今週。
    窓を埋めるまでの動きは予想通りだったのですが、
    その後円売りに一気に傾きました。

    ユロ円の売りを上窓付近の水準に置き、
    ストップを156円下に設定したのですが、
    残念ながら東京時間の急上昇で損切りとなってしまいました。
    同時に成り行きで注文したユロドルの売り、
    ドルスイの買いで微妙な含み益でトントンといったところでしょうか。

    雑誌取材受けてます→ブログ村為替ランキング220位の為替侍さん
    インタビュアーさんがかわいいです。

    さて今回は気になるドル円のテクニカル分析。
    最近のドル円相場、本日の外為オンラインコラム、
    しろふくろうさんの言葉を借りるのならば、
    高値118.48、安値115.15の300ptほどのレンジをピンボールのように
    ですね。

    ドル円日足 チャート引用元:外為どっとコム
    20070319220932.jpg

    先日の中国発株安で生じた急激な円高。
    ポリンジャーバンドの下端をなぞるような下落で、
    今月5,6日で下ヒゲを出しての反転でした。

    その後に生じた先の「ピンボール」
    教科書の動きならば三角持ち合いで、
    この先三角形がせばまるような動きになるのならば、
    下落となるでしょう。
    そしてその後はどちらかに抜けるかがポイントですが、
    昨今のドルの上値が重たいことを考えると、
    上昇よりも下落圧力が高いように思われます。

    そしてファンダメンタルでは先のサブプライム問題。
    水曜日に控えたFOMCも気になるところです。

    おそらくこのFOMCで一気にぐぐっと動くのでは?
    と予想しております。
    現在では相場は動き出す要因を探しており、
    それが米国がらみの指標が少ない今週の仕掛けどころでは?
    と読んでみました。

    さてさてどうなるものか。

    短期予想はやっぱり→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

    一応参考に
    →戦時米国の強さの3つの理由

    そのほかのファンダメンタルはランキング26位の夢見る日々へ
    バーナンキ氏とグリーンスパン氏の意見の相違など、
    非常におもしろい記事を書かれております。

    FX情報戦国時代!MarketWin24?ランキング8位

    最近人気?なようです→トウキョウフォレックス
    安定したシステムと経験豊富なスタッフがサポート*トウキョウフォレックス

    勝率にこだわっちゃいけないです!

    窓は予想通り、今週の戦略:クロス円サポートラインへ

    おはようございます。
    今週も新しい週が始まりました。

    マイナー通貨のチャート機能にお困りの方→情報源としてのJNS

    今朝は昨日の予想通りでした。
    クロス円は大幅に窓を開けてのスタート。
    おそらく円高方向に傾くのは一端窓を閉めてからだと予想されます。
    安易なポジション取りに注意です。
    月曜日朝に発生するギャップ

    底を探して・・・→blogランキング2位

    さて今週の予想です。
    今週も円を中心に相場が大きく上下することが予想されます。
    3月の年度末期であることに加え、昨今のキャリートレード問題で、
    円を中心とした値動きが見られそうです。

    テクニカル的にはクロス円は総じて下落トレンド。
    なかなか上値が重いように見受けます。
    MACDのゴールデンクロスも先週見られましたが、
    これはダマシで、今週は円高に傾くと予想します。
    目標としては各ペア前回安値を結んだサポートラインで、
    これを割り込むか、あるいはそこで再び反発するのか、
    注目してトレードを行いたいと思います。

    また三角持ち合いとも見られなくもなく、
    どちらかにぐぐっと傾くことが予想される今週です。


    投資資金がEURに流れている感じで注意点は?→ランキング26位

    ファンダメンタルでも円高有利です。
    ドルは先週より買われにくいファンダメンタル要因となっており、
    ドルが買われなければ円の下落は難しいと思われます。
    今週は重要指標としてFOMCがあり、
    その結果をきっかけとして大きく下落するのではと思われます。

    そして大きいのは昨日の記事にした中国の利上げ
    過去の傾向より中国利上げ直後は円高に
    中国利上げ後の円相場への影響を調べてみました
    これで中国の投資加熱が冷まされるようなら、
    世界的なキャリートレード手仕舞いの流れが継続され、
    更に円高が進むと予想されます。

    ただやはり怖いのは円のボラティリティの高さ。
    ヘッジファンドの攻撃で一気にぐぐっと動く可能性があります。
    ポンド円下落:ロシアより愛をこめて
    こまめな利益確定と損切りで、勝率を気にせずに利益を追求したいと思います。

    外為オンラインの7人の兵(つわもの)にもご注目ください。
    今週は週末に執筆を予定しております。

    FXベストチョイス!手数料無料でスプ〈$¥3P〉は外為オンライン…携帯OK!

    気になるオセアニアはやはり大御所さん→ブログ村5位
    AUD/USDは0.8を抜ければ約11年ぶり!!

    そして今週はいよいよ卒業を控えての動きとなりそうです。
    結局残った実験や引き継ぎなどで研究室に行く機会が多かった今月ですが、
    ほとんどの仕事を終了させることができ、
    あとは自分のことに集中するのみです。
    昨日から少しずつ動いているのですが、
    引越というのはここまでエネルギーを使うものなのかーと正直驚いています。
    次から次へと出てくるいろいろなものを片付けていたらあっという間に時間が・・・
    今日もがんばろうと思います。

    モラトリアムか就活か→大学院生ブログランキング

    勝率○○%!勝率にこだわってはいけない

    今週の戦略については明日の朝イチでお届けします。
    中国利上げ、FOMC、そして円。
    大荒れの予感がする1週間です。
    特に昨日発表された中国金利利上げの影響が明日の朝に出るかと思われます。
    月曜日朝に発生するギャップ

    ギャップを開けた場合、一端窓を閉めてからその反対方向へ動くのが一般的です。
    明日の場合ですと、若干円高方向に開けた後に円安方向へ窓を閉め、
    その後一気に円高方向にすすむのではないかと勝手に予想してみます。

    果たして中国利上げの影響は?
    過去の傾向より中国利上げ直後は円高に
    中国利上げ後の円相場への影響を調べてみました

    おやじさんの幼少期の話→blogランキング1位

    本日は勝率について。

    勝率にこだわるトレーダーの方は多いかと思います。
    なかには勝率100%と公言される方もいて、
    なるほどその通りに勝率が100%の方もブロガーさんで見かけます。
    ブログ村為替ランキングを見てもあちこちに散見されます。

    ただその方々は単にロスカットなしでの戦略で、
    例え予想と外れた方向に相場が向いたとしても、
    その含み損を抱えたまま新たにポジションを構築していく。
    そんな作戦の方が多いように見受けられます。

    別にその作戦が悪いとは思いません。
    ただその作戦ができるのは、与えられた時間と資金が豊富な方々。
    自分には決してマネができる戦略ではありません。
    いつかは破滅してしまうと思います。

    じゃあほどほどの勝率、例えば70%ぐらいならば?

    なかなか素晴らしい勝率だと思います。
    じゃあそのような勝率になるようなトレードを心がければいいの?

    そういうわけではないと思います。
    大事なのはあくまでも損益。
    松田哲著 FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?のタイトルの通り、
    例え1勝9敗だろうが、1勝99敗だろうが、勝つには損益が大切なのです。

    初心者の方で勝率にこだわる方が多く見られます。
    たしかに勝率で考えるとその人の勝ち負けが単純に数値として出されるため、
    その人が勝っているか負けているかわかりやすくなると思います。

    勝率ではなく損益が大事な例をトップスコーラから引用して紹介したいと思います。
    当ブログでのトップスコーラに関する記事は
    トップスコーラ総括

    トップスコーラはいくつかある売買ルールに従い、
    そのルールが達成された時にシグナルとして我々に届けてくれます。

    ここにme19というシグナルがあります。
    短期トレードタイプのシグナルであり、
    売買ルールは下記の通りです。

    ① 2つの時点のレートを比較し、サイド(売りか買いか)や仕掛けレート、
       手仕舞い(利食いと損切り)レートを毎日、同時刻に決定する。
       (=シグナル点灯)
       但し、売買シグナルが発生しない日もあり。

    ② シグナル点灯後、一定時間経過しても注文不成立の場合は注文を
       取り消す。(=シグナル消滅)

    ③ 注文成立後、一定時間経過しても利食いレートおよび損切りレートに
       到達しなかった場合は、所定時刻のレートで手仕舞い。



    このme19でのユーロ円の勝率は、トップスコーラが提供している
    シグナルで最も高く、57.11%もあります。

    しかしこのシグナルによる年間純損益率は7.22%です。

    一方me14というシグナルがあります。
    これは順張りタイプのシグナルであり、
    詳しい売買ルールは長くなるのでここでは省略します。

    その勝率は37.96%でしかありませんが、
    年間純損益率は12.37%もあります。

    そのほかにも多くのシグナルと通貨ペアがありますが、
    その上位にくる組み合わせは、ほとんどにおいて勝率が40%に届きません。
    しかし年間で10%近くも利益を出すことができるのです。

    それはなぜか?
    トップスコーラの宣伝文句であるように、
    利食いはゆっくり(大きく)損切りは早く(小さく)を実践しているからです。
    負けた時は潔く退散し、勝っているときはゆっくりと利益を伸ばす。
    勝率については2の次で、大事なのは年間でどれだけ勝てるかということ。

    私もトレード初心者の頃は勝率を大事にスウィングしていました。
    しかし月日を重ねるにつれ、例えこつこつ勝ったとしても、
    損切りのポイントをしっかりと持たないとこつこつ重ねた勝利を吹き飛ばしてしまう。
    そんなことを理解できるようになりました。
    高い授業料だったように思えます。

    どうか勝率にこだわらず、最終的に生き残るため、
    損益を重視した取引を心がけてください。

    皆様のおかげで急上昇→人気blogランキング
    ありがとうございました。

    最近人気?なようです→トウキョウフォレックス
    安定したシステムと経験豊富なスタッフがサポート*トウキョウフォレックス

    過去の傾向より中国利上げ直後は円高に

    先の記事の続きです。

    ランキング急落中・・・
    読む前にワンクリックお願いします→人気blogランキング

    表やチャートを出す前に、過去の中国金利推移について。
    参考:ダイアムのレポート

    96年に約12%近くあった金利は連続した利下げにより減少、
    2002年の5.31%で底を打ちました。
    その後世界経済の拡大を背景に中国も利上げを再開しております。
    驚くべきはその変動値で、6年間に6%も下落したことになります。
    今後も中国の加熱投資を冷ます為に利上げを行うようなら、
    立派な高金利通貨となりますね。

    人民元/円の取引ができるのは
    ユナイテッドワールド証券
    人民元も取引できる外国為替証拠金取引も提供
    ちょっと興味深いのでやってみようかな。

    利上げの背景は?→26位BBさんのミリオネアを夢見る日記

    過去3回の利上げ日とその前2日間、その後4日間のデータを調べました。
    その結果は下記の通りです。

    2004年10月29日 5.31%→5.85%
    07031801.jpg

    07031802.jpg

    前々日から大きく動き、下落傾向でしたが、
    中国利上げによってドル円は円高に傾きました。
    その後、週明けで反発し円安方向へ、
    値動きは大きいものの始値-終値は変動が低く推移しております。

    2005年4月27日 5.58%→5.85%
    07031803.jpg

    07031804.jpg

    日足だけなので判断に苦しみますが、
    おそらくドル円が上昇基調の中で中国利上げのニュースが流れ、
    その後の円高につながっているのではと思われます。

    2006年8月18日 5.85%→6.12%
    07031805.jpg

    07031806.jpg

    昨年の出来事ですが、過去のブログ等を読むと、
    夕方に中国利上げのニュースが流れて一気に円高に傾いたものの、
    結果的には下ヒゲを出すだけで終わったとありあました。

    以上簡単ながら調べてみました。
    直近のファンダメンタルがわからないのでこれだ!
    と判断していいか迷いますが、
    おそらく円高になると思われます。
    問題はその円高がいつまで続くかです。
    先日のプチ恐慌によって世界的なキャリートレード
    巻き戻しが行われようとしている今、
    このニュースはその傾向に巻き戻しをかける要因の一つとなりうる。
    と言えるでしょう。

    もしなにかこのデータを見て気がついたことがあれば遠慮なくコメントください。

    その他の予想はブログ村為替ランキング

    ちなみにこういったヒストリカルデータを使えるのもトップスコーラの使用法の一つ。
    ただ単にシグナルを発生させるだけではなく、自分でデータを検証することもできます。
    当ブログでのトップスコーラに関する記事は
    トップスコーラ総括

    以前のヒストリカルデータを活用した記事は
    過去のデータよりG7後はトレンドが形成されやすい?
    過去のデータからG7後の動きを予想してみる(ユロ円、ポン円編)

    マイナー通貨のチャート機能にお困りの方→情報源としてのJNS

    中国利上げ後の円相場への影響を調べてみました

    今朝は少々気になるニュースがありました。
    それは中国中央銀行の突然の利上げです。
    今朝は週の予想について記事を書く予定でしたが、
    この気になるニュースを優先して取り上げたいと思います。

    ソース:中国中央銀行、7カ月ぶり利上げ 投資過熱の抑制狙う

    昨年8月以来、7ヶ月ぶりの利上げで、
    貸出金利:6.39%、預金金利:2.79%
    となります。

    元々中国は人民元相場の上昇を避けるため巨額のドル買い介入を続けており、
    国内で人民元がだぶつき気味になっているようです。
    これが融資増加につながり、都市部の不動産価格上昇を招くなど、
    多くの諸問題の原因となっております。

    どうなる南ア&NZD→人気blogランキング13位

    ちょっと問題がずれますが、中国の不動産業者は根性ありすぎでしょ・・・
    Ananova - House is an island
    立ち退きを拒む住人の周りを9mも掘り下げ、
    陸の孤島にしてしまったようです。
    城攻めしているようです。

    話は戻りまして

    人民銀は昨年から金利や預金準備率を相次いで引き上げたほか、
    巨額の中銀手形を発行して市中の余剰資金吸収に努めてきました。
    規制金利下で
    「人民銀が金利を上げないと、借り手の資金需要を抑えられない」(金融筋)
    との判断から利上げに踏み切ったとのこと。
    ただ国内市場に配慮して今回も上げ幅は小幅にとどめたようです。

    先日の中国発の世界プチ恐慌からようやく戻したような今のタイミングでの利上げ。
    この利上げによって中国株価への影響は避けられず、
    中国株価が下がることによって再び全世界へ株安が波及、
    同時に円キャリートレード手仕舞いの方向へ。
    というのが一般的な考え方ということでよろしいでしょうか。

    ただ先日のプチ恐慌でガス抜きをしたとも言えます。
    つまりは円高方向へ傾かないという見方もできます。

    利上げの背景は?→26位BBさんのミリオネアを夢見る日記

    そこで以前のデータから中国の利上げ直後のドル円の動きを調べてみました。

    測定方法
    トップスコーラのヒストリカルデータを取得、
    利上げ日とその前後2日間の値動きを表にした

    過去の中国利上げ時期
    2004年10月29日 5.31%→5.85%
    2005年4月27日 5.58%→5.85%
    2006年8月18日 5.85%→6.12%
    2007年3月17日 6.12%→6.39%

    次の記事へ続く

    期待してくれるのでしたら→ブログ村為替ランキング

    週の反省:「休むも相場」のクロス円

    週の反省です。

    今週のテーマはクロス円の先週半ばからの円安を、
    ①キャリートレードの再開
    ②急激下落への一端調整

    のどちらかに読み取ることによって判断が分かれるところ。
    とし、安易にクロス円ポジションは取らない。でした。

    その戦略を生かすことができ、一切のクロス円ポジションは取らず、
    ポンドル、ドルスイなどドルストレートでスウィングし、
    利益を出すことができました。

    クロス円は大荒れで、特に週初からのロシア勢のポン円売りはすさまじく、
    毎回100pips下げるような大荒れの相場でした。
    正直ポン円の売り買いで参入したかったのですが、
    「休むも相場」で我慢することができました。

    米国はスタグフレーション懸念?→人気ランキング7位
    たどるのは日本と同じ道か?

    今週の記事
  • 116.35-116.45円は集中したストップゾーン (03/16)

  • ユロドル天井破るレンジブレイク!気になる今後は?? (03/16)

  • この円高の嵐で虎視眈々と狙う人々 (03/15)

  • ポン円下落:ロシアから愛をこめて (03/14)

  • 吹雪!吹雪!氷の世界~♪ (03/14)

  • ファンダメンタルの限界 (03/13)

  • カナダが抱える内なる憂鬱 (03/12)

  • 今週の戦略:安易にクロス円ポジは取らず (03/11)


  • 来週の戦略については明日日曜日に発表します。

    投資生活の危機?ブログ村6位
    なんだかおもしろい姉妹です。

    最後に宣伝
    当ブログでお世話になっておりますTopscolaですが、
    この度4月から値上げとなるそうです。
    現在では月々4800円ですが、
    4月以降は月々9800円になるだとか。
    ただし3月中に会員登録すると
    4月以降も現状料金で引き続きご利用になれるとのこと。

    情報商材のような手ですが、中身は決して安くはないものです。
    よくある○億円!などのように抽象的なものではなく、
    しっかりと損をすることを前提の上での取引です。

    当ブログでのトップスコーラに関する記事は
    トップスコーラ総括

    116.35-116.45円は集中したストップゾーン

    先ほど発表された米国2月CPIは予想より好結果。
    それを受けて各通貨ペアでドルが買われております。

    アストロ的危険日は明日?→人気ランキング19位

    外為オンライン提供のFXWAVEによると、
    ドル円は116.35-116.45円は集中したストップゾーンがあるようです。
    全文を引用すると

    NY邦銀筋によると、「116.35−45円は本邦系を中心としたストップがかなり集中している」という。同水準は「ロングの投げが入ってくるゾーンで、ここを抜けると加速度をつけて下落するリスクがある」(同)との指摘があった。



    とのこと。
    FX WAVEがなければ大きなハンディを背負う

    指標によって持ち直したドルですが、
    この後下落トレンドに週末要因が手伝っての更なる下落の可能性があります。
    そしてその116.35-116.45円を割り込むようだと怒濤の・・・
    そのドル円の売りはユロドル、ポンドルに波及し、
    大きく相場を動かすことになるかと思います。

    ただ現在の水準からは116円ミドルへの到達は難しそう。
    自分はクロス円は避け、ポンドルの買いを狙います。

    差し押さえって!?→ブログ村30位

    マイナー通貨のチャート機能にお困りの方
    情報源としてのJNS

    ユロドル天井破るレンジブレイク!気になる今後は??

    弱いドル、少し強いユーロによってユロドルがついに上方へレンジブレイクです。
    昨晩の指標などで、依然としてインフレリスクが残るとされた米国。
    持ち直し、ユロドルはレンジで下落かと思いきや本日の東京時間での怒涛の買い。
    最近の東京時間はクロス円の動きが大きかったのですが、
    めずらしくユロドルが大きく動きました。
    その後一旦持ち直しましたが、ロンドン勢の攻撃により2段ジャンプ!
    現在では上昇を続け、1.3330台での値動きとなっております。

    アストロ的危険日は明日?→人気ランキング19位

    ユロドル日足 チャート引用元:Foreland Online
    070316yurodoru.jpg

    当ブログでのForeland Onlineに関する記事は
    チャート機能がブログ書きにとって便利
    ちなみにForeland Onlineは3/18より新たに9ペア通貨の取引が可能となります。


    さて気になるユロドルの今後の戦略について。
    前回(昨年12末)高値の1.3280を一気に突破しました。
    そこでまず目指すのは昨年11月末につけた1.3360かと。
    そしてその部分が注目されるポイントとなります。
    再びそこで下落してレンジ相場になるのか、
    あるいはもう一度天井を突き抜けるのか。

    差し押さえって!?→ブログ村30位

    ファンダメンタル的には上昇要因が多いです。
    金利差では米国は利下げ時期?ユーロは利上げ。
    しかも欧州圏は昨今の用心発言のように早期利上げが望まれています。
    ウェーバー独連銀総裁も「(追加利上げの可能性)除外しない」との発言も見られます。
    地政学リスクとして各国がドルで外貨準備しているのをユーロへシフトしようとしています。

    逆に独消費税値上げがボディーブローのように消費を押し下げた点や、
    縮まってはいるももの依然とした金利差があるという点などが下落要因です。

    そして自分の戦略は…
    一旦1.3350を突き抜けるのをスルーし、
    下落してきたところを売りで追撃。
    そのまま上昇したのならばスルーしたいと思います。
    逆張りではなく、順張りのドル買いを仕掛けたいです。

    注意点として、
    最近はユロドル相場が円相場の影に隠れ、なかなか値動きが少ない毎日でした。
    もしユロドルが目を覚ましたのならば、世界で一番取引されている通貨ぺア、
    動くときはぐぐぐっと動きますのでご注意です。

    高金利通貨トルコリラが大人気!→人気blogランキング
    卒業旅行で行ってきた友人曰く、トルコは混沌だったそうです。

    マイナー通貨のチャート機能にお困りの方
    情報源としてのJNS

    この円高の嵐で虎視眈々と狙う人々

    2月の後半から始まった円高。
    月の半ばには122円に到達していましたが、
    月末には118円まで下落しました。
    3月に入り下落は続き、3/5には115円に到達。
    ドル円ではこの7円程度の幅でしたが、
    ポンド円、ユーロ円では下落幅が更に大きいものとなりました。

    この円の急騰、今までスワップ派として取り組んできたひとには大打撃でしたが、
    これから円を売って外貨を買おうとする人には絶好のチャンスだったようです。

    あと出しはずるいの?→blogランキング29位
    実生活ではずるいのは当たり前ですが、相場では?

    ネット専業銀行、円高で外貨預金残高が急増

    2月末に起きた世界同時株安をきっかけに外国為替市場で円高が進んだ影響で、インターネット専業銀行の外貨預金残高が急増している。円高は輸出企業にとって採算悪化につながる頭の痛い問題だが、個人投資家にとっては外貨預金を設定する大きなチャンス。特にネット専業銀は一般の銀行よりも金利や為替手数料が有利で、投資家の人気を集めている。


    ソニー銀行では残高が2月末より1割以上も伸び、
    昨年12月に外貨預金を始めたばかりのイーバンクでは、
    円高後で「残高が2倍以上に増えた」とか。

    そしてそのイーバンク銀行では、
    円安になると金利が2倍になるサービスで更なる残高向上を目指しているようです。

    円安だと金利2倍 イーバンク銀、5年物の為替特約定期導入

    預け入れたときの為替レートに比べて、5年後の判定日の為替レートが等しいか円安の場合、約定金利(年1・0%)に加えて同1・0%の金利が上乗せされる。円高の場合は約定金利のみとなる。



    どちらにしても言えること。
    それは外貨預金に比べるとFXの有利さです。
    レバレッジにしても、金利にしてもです。
    FXってなに

    ただ最近は一般の雑誌でも取り上げられるほど注目を浴びているFX。
    為替村の住人はそれを実際に行っているので一歩先を進んでいるといった感じでしょうか。

    FXってなにさ?
    という方にオススメ
    漫画で為替を学ぶ

    ポン円下落:ロシアから愛をこめて

    ロシア筋のポンド売りによってポン円が下落しました。
    14時ぐらいに始まったロシア系の攻撃。
    外為オンライン提供のFXWAVEによれば、
    ロシア筋はトータルで100本前後の売りを仕掛けたようです。
    最も下落した15分間で90pips近く下げ、ここ数日で一番の下落幅となったようです。

    あと出しはずるいの?→blogランキング29位
    実生活ではずるいのは当たり前ですが、相場では?

    それにしても外為オンラインのFXWAVEは素晴らしい情報源です。
    下落が始まった15:37には「100本前後の売り」との情報を流し、
    その後も「緊急市況」ということで多くの貴重な情報を流してくれています。
    外為どっとコム提供のGi24ではその速報性が欠けるのと、
    100本前後とは最後まで文面に入ることはありませんでした。
    情報源としては多くのものを持つことにこしたことはありませんが、
    やはり質と量とスピードは大切にしたいものです。
    FX WAVEがなければ大きなハンディを背負う

    NYが始まった現在の時間では円は戻してきており、
    始値より円安側に傾いております。
    コラムでも書きましたが、最近の円はボラティリティが高いのが魅力。
    レバレッジをかけて多くの枚数を投入すれば数時間で一気に夢を見ることができます。
    しかしそれができるのは多くの時間をFXに投入することができる人間であり、
    我々のようなあまり時間をかけれない、
    相場を見続けることができない人間には難しいです。
    無理をせずにクロス円以外の取引をオススメします。

    短期予想はやっぱりスウィング派→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

    最後に宣伝
    当ブログでお世話になっておりますTopscolaですが、
    この度4月から値上げとなるそうです。
    現在では月々4800円ですが、
    4月以降は月々9800円になるだとか。
    ただし3月中に会員登録すると
    4月以降も現状料金で引き続きご利用になれるとのこと。

    情報商材のような手ですが、中身は決して安くはないものです。
    よくある○億円!などのように抽象的なものではなく、
    しっかりと損をすることを前提の上での取引です。

    当ブログでのトップスコーラに関する記事は
    トップスコーラ総括
    プロフィール

    とあるエンジニアK

    Author:とあるエンジニアK
    1982年生まれの機械系エンジニア

     まだ若いからお金がない?いいえ、お金がないときこそ投資です。投資の勉強は実際に身銭を投入しないとわからないもの。FXならば少ない資金で投資を始めることができます。資金が少ない人はスウィングで高回転投資!例え失敗しても、若いのだからまだまた頑張ればやり直し可能!進め!若者よ!!投機を抱け!!!

    FXを知らない人→FXって何??

     デイトレ~スウィングトレードで。スワップは無視。ファンダメンタルよりもテクニカルを重視して取引しています。月々100万円は無理ですが、月々10万円を目指してトレード中。FXはあくまでも副収入としての位置づけです。仕事を通じて自己を成長させ、楽々トレードで豊かな生活!
     コメント、トラックバック歓迎。引用もご自由にどうぞ。相互リング受付中ですが、内容によっては相互リンクをお受けできない場合もあります。

    詳しい自己紹介

    big_09_2009.jpg
    BIG tomorrow '09 9月号
    ニッチな時間で取引…
    に掲載されております。
    がっちり2

    ポン円の達人として登場!(6ページ)FXの基本がわかる本です!

    月アス
    月刊アスキー1月号FX特集
    今後3ヶ月の予想を超がつくプロトレーダーと肩をならべて述べています。
    記事紹介

    big200802.jpg
    どうすれば勝てるか?朝が大事であることを記事内で書きました。

    七人の兵ブロガーによる週間相場予想
    兵(つわもの)ブロガー連載中です


    CALTLHVO.gif
    FX対談が掲載されております!

    旧名:学生よ、投機を抱け!

    学生さんには投資をすることをお勧めします
    ・学生時代は膨大な時間がある
    ・柔軟な頭を持っている
    ・投資をすることで、社会の動きが見える。
    ・失敗してもいくらでもやり直しがきく

    詳しくは
    学生に投資を勧める理由

    7人の兵(つわもの)

    七人の兵ブロガーによる週間相場予想
    日替わりコラム書いています。
    兵(つわもの)ブロガーの週間相場予想
    Lumenさん  為替侍さん
    しーさん  yamamomoさん
    しろふくろうさん  ダメおやじさん
    ロガーロさん  Sarahさん
    CarrieBBさん

    FXベストチョイス!手数料無料でスプ〈$¥3P〉は外為オンライン…携帯OK!
    コラムに関する記事

    用心発言などを素早く、正確に配信中
    最強の情報源、FX-WAVEを使っていない方は是非!
    乱高下!こういった大相場で大事なのは・・・
    新しいチャート機能にも注目ください!
    新たなチャート伝説?ここから始まる

    リンク
    情報源メモ

    多くの書き込みの中にも、はっとする情報があります。
    2ch市況2板

    1週間の予定はこれでチェック。月間予定もあります。
    ひまわり証券 マーケットデータ ~ Weekly Calendar ~ 

    投資家ご用達。専門書の種類が豊富です。
    トレーダーズショップ 

    主要通貨の勢いが一目で確認できます。
    Infoseek 外為レート一覧

    株・為替の基本的な情報からローンの話まで。
    MSNマネー

    基本的な情報からチャートの勉強などなど
    FOREX WATCHER

    逆アクセスランキング(15日間)
    アクセスランキング

    オススメ本
    勉強が苦手な方、努力が嫌いな方、情報商材へどうぞ。


    アレキサンダー・エルダー著 投資苑
    全ての投資家へ贈るバイブルです。なかなか高価な本ですが、情報商材を買うより賢明な買い物とはっきりと言えます。
    当ブログでの引用記事
    大衆は教祖を求めている



    山口祐介著 相場で負けたときに読む本~真理編~
    なぜ、勝者は負けても勝っているのか?なぜ、敗者は勝っても負けているのか?
    相場へ向かう上での心理や負ける原因など多岐に渡って書かれております。同時に平易な言葉で書かれているので、上の投資苑より取り組みやすく、何度も読める本と言えます。
    当ブログでの引用記事
    大荒れ相場に大事な変化への対応
    勝ち逃げすることが非常に難しい
    ファンダメンタルの限界


    山口祐介著 相場で負けたときに読む本~実践編~
    あなたが本当に“勝者”であるならば、本書を読む必要はまったくありません。実際に相場で勝つためにいかに行動すべきかを示してくれます。上の本と同時に読まれることをオススメします。


    松田哲著 FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?
    数多くの相場を乗り切った人だから言えるあの言葉。初心者には難しいので、中級者以上にオススメします。


    お金は銀行に預けるな
    我々一般人も金融リテラシーを身につけて上手に資産運用すべしと述べております。当ブログで言いたいことを多く述べてくれています。3時間もあれば読める大変素晴らしい本。オススメです。当ブログでの記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。